小林直太郎農園ブログ【庄内砂丘メロンを生産農家が直売直送】

《 農園ホームページに戻る

小林直太郎農園では家族総出で庄内砂丘メロンを作っています。とある農家の生存報告、とくとご覧あれ!

スーパー店頭で使える「メロンの目利き」

   

はるばる山形は酒田市までおいでの上、当農園へご来訪くださった皆様、ありがとうございます。
そしてどこか遠くの地のスーパー等で、もしかしたら庄内砂丘メロンをお買い求めの予定をお持ちの方、感謝いたします。

さて、店頭のメロンって、買うとなればズラリと並んだ中から1つだけ選ぶ事になると思います。

最高の一つを選ぶ・・・
スイカならトントン叩いて音を聞くでしょう。
生魚なら目の濁り具合を、根菜なら切り口を見るでしょう。

メロンにももちろん選び方があります。

突然ですがメロン目利きクイズです!
Q.どちらが良いメロンでしょう?
CA3I0378CA3I0379

答えは「上部の肩が張っている方」です。
肩張りが良いということは、初期肥大期に十分に温度を受け、滞りなく細胞分裂が進み成長したという証です。
可食部の質が良く、肉厚で、上から下までバランスよく熟す予感を覚えます。

次の問題!
Q.どちらが良いメロンでしょう?
CA3I0380CA3I0381

答えは「ネットの段差がハッキリしている方」です。
模様の鮮明さは後半の管理(と気候)次第です。
網が弱い(ネット模様が薄い)のは、一時肥大完了後の潅水が足りなかったか、一株に雌花を多く付け過ぎたか、早々に株が弱った為等が原因として考えられます。
贈答品としては外観不良の部類に入ります。
食感もやや水っぽい印象を受けます。

また何か良い比較写真が撮れましたら解説したいと思います。
まずはご参考までに!

 - ◇メロン 2015