小林直太郎農園ブログ【庄内砂丘メロンを生産農家が直売直送】

《 農園ホームページに戻る

小林直太郎農園では家族総出で庄内砂丘メロンを作っています。とある農家の生存報告、とくとご覧あれ!

間に合った!メロン定植予定のハウスに屋根材展張

      2020/04/06

今朝は風が無いので絶好のハウス掛け日和ですよ~

代表シノブと妻ユカ、スタッフ1名を加えた総勢3名で、3間×25間のハウスに屋根を載せていきます。

ハウス掛けは無風の早朝がベスト

ハウス掛けは無風の早朝がベスト

載せてスプリングで固定してしまえば一段落です。
あとはハウスバンドを掛けたり間口を仕上げたり、風の中でも作業はできます。

このハウスは中古材を整備して立ててるので、新規の1/3ぐらいのコストで建ちました。

中古移設というのは厄介な案件とされています。
主材の歪みを整え、折れた足を修理し、防錆処理して補強して、とにかく面倒が多いのです。
でも、ノウハウと人手があれば逆におトクな仕事なんですよね。

これからの農業は、どこまで自力で設備維持(できれば自社開発も)できるかという能力も問われそうな気がします。
目まぐるしい技術進歩に伴う過度な設備更新の嵐にモミクチャにされてしまう怖さは計り知れないものです。

 - ◆メロン2020, ○農業ツール