小林直太郎農園ブログ【庄内砂丘メロンを生産農家が直売直送】

《 農園ホームページに戻る

小林直太郎農園では家族総出で庄内砂丘メロンを作っています。とある農家の生存報告、とくとご覧あれ!

メロンは順調に生育中です

   

スタッフ一同、夏の庄内砂丘メロン収穫に向けて今日もよく頑張りました!
屋外作業でも汗ばむ程の暖かい日でしたね~

早くも花咲くメロン株

早くも花咲くメロン株

画像は今年1発目のハウス定植分です。
定植から14日経過、防寒テントも先日、除去しました。
花が咲いていますが不要なので落としましょ~

定植直後は曇りがちでパッとしなかった幼株ですが、ここ数日の好天でグイッと枝を持ち上げてくれました。
発色も良好、まずは一安心ですね~

今年は株根元の土寄せを廃止しました。
先生曰く「株元むき出しの方が頑丈な根っこを持つ株に仕上がる」との事で、早速取り入れました!

寄せ土をすると地際に羽毛のような不定根発生を促す事になります。
活着は早いですが、これはある意味「ズル」です。
本来持つ直根が仕事をせず、根張りの浅い株になってしまいます。

株元むき出しだと、現役の直根が頑張らねばなりません。
樹齢数百年の大木のような、大地をがっしりと掴むゴツい根が理想です。
地際で晒された根が日照を浴びて葉緑素を獲得し、うっすら緑色をしている程なら完璧ですね。

初期潅水にちょっと工夫が必要ですが概ね良好ですね~
技術革新、進めてよかった!

 - ◆メロン2019