小林直太郎農園ブログ【庄内砂丘メロンを生産農家が直売直送】

《 農園ホームページに戻る

小林直太郎農園では家族総出で庄内砂丘メロンを作っています。とある農家の生存報告、とくとご覧あれ!

こいつぁ参った、まさかここまでとはッ

      2015/06/10

メロン農家にとって頭の痛い問題、それは“鳥害”です。
(酒田市街地だと生ゴミ周りで問題になっていますが)

無事に受粉して膨らみ出した雌花に一安心する頃に舞い降りるは、スズメ
玉伸びでぐんぐん育ち鶏卵大になった頃に狙うは、カラス
山形・庄内だけでなく全国的に、コイツ等に手を焼く農家は多いと思います。

特にカラス害は玉選り(多めに付けた果実から良い実を選び残す剪定作業)後のため、即損失に繋がります。

もちろん農家も鳥共の暴挙に打って出ないわけではありません。

目玉風船、テグス(釣り糸)、妨鳥ネット、キラキラ妨鳥テープ、カラスの死体人形、爆竹、ロケット花火、マネキン、etc…
方法はいろいろあれど、費用対効果や手間対効果、実効力を考えると決め手らしい決め手は無いのが現状です。

マネキンに至ってはむしろ人が寄り付かなくなる始末。
日焼けして黄土色になったスキンヘッド美女の首が、畑にいくつも串刺しになっている風景を想像してください)

まぁ、結局のところ食害に遭う数は(鳥群でも来ない限り)限られているので、泣き寝入りするのが最善だったりします(汗)
我が家ではせいぜいテグスを張るぐらいですね。

しかし!

しかしですよ!

コレはどうかと思う!
CA3I0302

ご覧の通り、メロン農家の天敵(スズメ?マヒワ?アオジ?)が子育て中でした。
あろうことかメロン株の根元に巣です。
適度な風除け、保温、日かげ、そりゃあ快適でしょうよ!

ここまでナメた事をやられたのァ就農以来はじめてだ(泣)

で、その日の午後はハウス作業だったのですが、
CA3I0307
くっ・・・こっちにもか!
しかももう巣立ってるし(涙)

 - ◇メロン 2015