小林直太郎農園ブログ【庄内砂丘メロンを生産農家が直売直送】

《 農園ホームページに戻る

小林直太郎農園では家族総出で庄内砂丘メロンを作っています。とある農家の生存報告、とくとご覧あれ!

小林直太郎農園のメロン、今夏もご愛顧ありがとうございました!

   

今夏もご愛顧ありがとうございました!

盛況のうちに、オンライン直売と庭先直売所、共に完売です。
おかげ様で当農園も無事、提供終了の運びとなりました。
常連様、初めましての方々、遠方の方、ご近所の方、本当にありがとうございました!

山形生まれの黄皮白肉品種「グランドール」、予想以上の大人気でした。
来夏はシーズン初めから安定供給を目指しますよ!

小林直太郎農園|キスミー、タカミ、グランドール、贅沢な詰合わせ!

CA3I0982

「貴味(タカミ)」もファンが増えてくれてとても嬉しいです。
濃緑の果皮と薄い網模様に縦長な形状と、美麗な外観とは言い難いですが、
濃い味と強い甘さ、1週間以上続く食べ頃期間は、手にした人だけが享受できる魅力です。
一周回って「贈るならタカミじゃないとダメ!」とおっしゃってくれるお客様も現れる等、
来年もワクワクさせてくれる品種だと思います。

定番の「アンデス」「キスミー」「クインシー」も、ほぼ全量を直送提供できたのは予想外でした。
実はキスミーやクインシーも、大部分の畑で少果仕立てだったのですヨ。
来年は主力3品種すべて、少果仕立てに切り替えます。
糖度17度のキスミーは、代表自身も食べた事のない濃厚さでした~

反省点も、来年への教訓として記させていただきます。

並の保温力しかないトンネルビニールを採用し、記録的低温気候の影響をもろに受けた事。
追肥計画を畝単位ではなく畑単位で計画・実施した為、きめ細かさを欠いた事。
品種毎のサイズ差に対する認識が甘く、異品種詰め合わせ需要に応え切れなかった事。

挙げれば切りがないですが、つまり来年はこれらを改善するチャンスがあると考えれば、
まだまだ当農園のメロンは「進化」する余地が十分にあるという事です。

ご迷惑をお掛けした各所に不手際をお詫びすると共に、
来年の更なるまい進をここでお約束いたします。

さて、当農園のハウス畑は、秋冬の切花ストックの発芽が進んでいます。
もうすぐ地獄の「八重鑑別」が始まります!
露地畑はパートの皆さんがメロンの後片付けを進めていて、更地にした後は緑肥用麦の播種です。

かなり久々のブログ更新でした。
ゆっくりできるのは・・・もう1ヶ月ほど先ですなぁ(汗

 - ◇メロン2017