山形は庄内地方より、豊かな風土と確かな技術で育て上げた夏の旬果をお届けいたします。
庄内砂丘メロン生産農家による直売直送は小林直太郎農園におまかせください。

小林直太郎農園

山形県酒田市浜中甲375-9 
TEL 0234-25-3515 FAX 0234-25-1258 
MAIL info@naotaro-farm.jp 

Google+1
LINEで送る
いいね!

メロンに求められる要素。
兎にも角にも「美味しい事」でしょう。

日本は農業先進国です。
巨大な組織による指導と管理、農家それぞれに受け継がれている技術と土地、高度に発達した機械と資材、これらが強固に結びついて現代の農業は維持されています。
庄内地方・浜中地区の農業も例外なく、この先進農業により支えられています。

しかし、“農業の工業化”が進むことで、共通規格や歩留まりに気を使い過ぎるあまり、肝心の味がおろそかになっては台無しです。

私たちには食べ物を生産する者として忘れてはいけない「食味」について考えていることがあります。

メロン出荷規格における“味”

庄内のメロン農家に限らず、大抵の果物農家は糖度計を持っています。
当農園では収穫担当者は必ず糖度計を携帯し、随時メロンを割っては値を読み、収穫すべきか否かの判断指標としています。

農家が持っている手持ち式糖度計は、糖分等を含む水は透過光の屈折率が大きくなるという性質を利用した「屈折式」です。
(大規模営農組織が設置している非破壊式は糖が特定の波長の光を吸収する性質を利用して甘さを数値化しています)

勘の良い方ならお気づきでしょうが、糖度は糖分含有量ではありません。
分かるのは、これがもし砂糖水だったら糖分は○%含有だ、という情報だけです。
驚くべき事に、屈折式糖度計は砂糖水と塩水を区別できないのです。

まぁそれでも、溶けている物質が多い(濃い)か少ない(薄い)かならば屈折式でも分かります。
そして経験から、濃い果汁のメロンは美味いとされています。

結局、頼りになるのは食べ慣れた人間の味覚

美味いか不味いか、これを判断する最も簡単な方法は「実際に食べてみる事」に他ならないでしょう。
当農園では、毎朝必ず試食します。現場で割り、実際に口に含んで食味を確認します。
1個2個ではありません。しかも毎朝です。同地区の仲間からも「割り過ぎ」「もったいない」と言われます。メロンで満腹になってからの朝食は…まぁ微妙なところですね(汗)

さて、試食で割ってしまっては売り物になりません。最終的には観察眼と記録から、一粒一粒見ていくしかありません。
いわゆる職人の勘というものですが、“糖度はそこそこだがウマいメロン”や、“糖度は高いがマズいメロン”を見抜きます。

私の場合、メロン株の勢い、果実の様子、試食、これに栽培記録を加味して”今日収穫する果実”を決定します。
これを「私と株と実の三者面談」と呼んでいます。
毎朝ぶつぶつと、メロンに話しかけている姿は余りお見せしたくありませんが…(汗

「雰囲気糖度」という考え方

当農園は、雰囲気糖度という概念を収穫の目安の一つとしています。
畑を数百もの区画に分け、収穫日が近づくとこの区画ごとに糖度をサンプル計測し、値に応じて収穫日を決定していくワケですが・・・

大胆に言い切ってしまうならば、隣の株のメロンの糖度です。
栽培環境まで考慮されたこの類の指標は(農家の腕が確かならば)機械式よりも信頼できると思いませんか?

植える前から味のランクは決まっているという事実

これは書くと、ある方面から叱られるかもしれませんが・・・。

「美味い品種は売れる!不味い品種は売れ残る!客にはバレてるんだぜ?!」
あるベテラン農家が声高に言い放った一言です。
悲しいかな、育てやすさと食味の良さは反比例の傾向にあります。

生産者の間では常識ですが、例えばアンデスメロンには何種類もあります。
アンデス○号というコードネームで識別され、生産者はそれぞれの都合(味重視/玉寸重視/収穫日重視/耐病害虫性重視等)に応じて種子を選択します。
そしてそれらは全部まとめて「アンデスメロン」として流通・販売しても良い事になっています。

余談ですが「販売都合による名前変更」という事例があります。
商社などの物量要求に応える為、複数の似た品種に同じ商品名を付け流通させるという“商策”です。
大量に売り捌く事で利益を出すスタイルの業者や組織がよく使う手法です。

当農園での品種選定は徹底して「食味優先」です。
そして、品種名をきちんと明示します。
畑持ちがよく暑さ寒さや病害虫に強いとしても、マズくては作る意味がありませんからね。

小林直太郎農園はあなたの想いをメロンに乗せて伝えます。
暑い夏のひとときは、季節の果物とともにゆったり過ごしませんか?


©小林直太郎農園 2013-